🚀 リテール執行とは何ですか?目的、範囲、ベストプラクティス。

小売実行とは、店舗レベルでの店舗プログラム、基準、および指令の完全かつタイムリーな実施を担当する一連の実践と実現技術です。

小売業とホスピタリティ業を効果的に実行するには、まず特定のコンポーネントが必要です。 コミュニケーション、 2番 タスク管理、そして3番目 監査/評価。この投稿では、小売執行の目的、範囲、ベスト プラクティスに焦点を当てます。対象読者は、マーチャンダイザー、小売業務専門家、エリアセールス専門家、消費者向けパッケージ製品メーカー、卸売業者です。

飛び込みましょう。

何を待っていますか?

私たちはあなたのような多くの顧客と仕事をしていますが、彼らはこう言います。他のほとんどのソフトウェアや社内プロセスは使いにくく、柔軟性がなく、高価です。
ビンディに切り替える あらゆる現場の生産性と収益を向上させます。

リテール実行の目的と範囲

目的

店舗運営の目的は、すべての場所でマーチャンダイジング、運営、および損失防止プログラムが時間どおりに完全に実施されるようにすることです。店舗運営は、売り上げを伸ばし、コストを削減し、リスクを削減し、顧客満足度を高めることが知られています。

ROI

小売実行の利点は相当なものです。たとえば、締め切りを守り、補充を完了し、ディスプレイとマーケティング計画を実行することで、小売業者は同じ店舗の売上を次のように増やすことができます。 3.7%!

範囲

小売業務の範囲は主に、主要な店舗機能を担当する本社部門によって決まります。 商品化、 オペレーション、 損失防止 そしてトレーニング。

マーチャンダイジングの実行

マーチャンダイジングの実行は、主に棚の実行で構成されます。つまり、プラノグラムと価格設定、および季節的なプログラムとプロモーションの実行です。これには、店舗の看板、特別なディスプレイと広告、季節限定の価格設定とラベル、店内プログラムに関する販売員の意識とコンプライアンスが含まれます。

ROI

米国業界における次善のマーチャンダイジングの総コストはおよそ 1% の総製品売上高.

を参照してください。 å•†å“ã‚«ãƒ†ã‚´ãƒªãƒ¼ ãƒžãƒ¼ãƒãƒ£ãƒ³ãƒ€ã‚¤ã‚¸ãƒ³ã‚°ã®ãƒã‚§ãƒƒã‚¯ãƒªã‚¹ãƒˆã€ãƒã‚¦ãƒ„ー、ベスト プラクティスについては、

損失防止

損失防止は、資産の保護、現金の取り扱い、物理的なセキュリティ (カメラ、金庫、ロッカーなど)、および正確な財務報告に重点を置いています。

ROI

平均して、小売業者は年間 1.5% の総売上高を「縮小」させています。したがって、損失防止監査プログラムは収益を保護します。

を参照してください。 æå¤±é˜²æ­¢ã‚«ãƒ†ã‚´ãƒª æå¤±é˜²æ­¢ã®ãŸã‚ã®ãƒã‚§ãƒƒã‚¯ãƒªã‚¹ãƒˆã€ãƒã‚¦ãƒ„ー、ベスト プラクティスについては、こちらをご覧ください。

オペレーション

地区/クラスター/販売マネージャーは店舗運営のあらゆる側面に携わります。これらは小売業の長期的な成功において極めて重要な役割を果たします。

マーチャンダイジングの実行と損失防止に関する共通の (または完全な) 責任に加えて、一般的な外観、プレゼンテーション、清潔さ、顧客サービス、店舗の裏側、店舗の安全性、雇用、財務、トレーニングなどについても検査し、アドバイスします。

ROI

基準が理解されて実装されていること、製品が正しく準備されて陳列されていること、店舗の全体的なプレゼンテーション、清潔さ、秩序、安全性が顧客満足度につながることを確認します。

ストア実行の側面

ストアの実行は多面的であり、いくつかのサブエリアで構成されています。ストア実行の 4 つの側面を次に示します。

コミュニケーション

操作手順と監査対象項目を 2 つの別々のバケツとして扱うのではなく、「期待する内容を検査する」というアプローチに切り替えます。文書化および伝達されている標準を、実際に使用されているのと同じ標準として扱います。 監査、検証と 修正.

プログラムと標準の通信と実行は同じスペクトル上にあります。成功したブランド 継続的な学習と検証の原則に基づいてワークフローを構築する.

詳細については、以下を参照してください。 サイトコミュニケーション: 小売とホスピタリティのための包括的なガイド.

小売監査

プログラムと標準がすべての (該当する) 場所で時間通りに完全に実装されていることを確認するための監査。相違点に注意してください。最も重要なのは、責任を割り当てることです。 解決策を追跡および監視できるアクション プラン.

個々の状況は異なりますが、運用小売監査では、多くの場合、次の領域の一部またはすべてに対処します。

  1. 店舗外観
  2. プレゼンテーションとマーチャンダイジング
  3. 製品と準備
  4. サービスとサービスの速度
  5. 人材とトレーニング
  6. 装置
  7. セキュリティ、現金処理、損失防止
  8. ドライブスルー(該当する場合)
  9. プロモーション
  10. 店舗の裏側と在庫
  11. 洗面所

小売監査の詳細については、以下を参照してください。 å°å£²ç›£æŸ»ãƒã‚§ãƒƒã‚¯ãƒªã‚¹ãƒˆã®ä½œæˆæ–¹æ³•.

タスク管理

小売タスク管理 優先順位、期日、選択した受信者への詳細な配布、確認写真、追跡、リアルタイムレポートなどのタスクを管理するプロセスです。タスク管理は、小売およびサービス業のブランドが、実行可能で追跡可能なリクエストを配布することで特定の目標を達成できるように支援します。

レポート

実行には、完了したものと残っているものを正確に追跡するためのレポートの可用性が伴います。とりわけ、レポートは傾向を特定し、容認できないことを繰り返さなければなりません。さらに、レポートはパターンを発見し、最高および最悪の機能領域、地域、店舗、および/またはオペレーター/マネージャーを容易に特定できる必要があります。

店舗執行技術

ストア実行ソフトウェアを購入するか、それとも あなた自身のものをつくる?

一部の小売およびサービス ブランドは、社内でワークフローを開発しています。通常、それには以下が含まれます Excel™、電子メール、電話 収集されたデータを編集するには、大量の人間の汗が必要です。

決定を下すのに必要な要素は次のとおりです。

  1. 費用
  2. 投資収益率
  3. 市場投入までの時間と
  4. 選択したソフトウェアから得られる価値と利点。

監査ツールの購入と構築の経済性に関する完全な説明は、次の Web サイトで入手できます。 小売監査ソフトウェア: 購入するか構築するか.

社内で実行するか、外部委託するか?

みたいな会社もある ビンディは、小売業者、メーカー、卸売業者向けに、社内でプログラムを実行し、店舗を監査し、タスクを割り当てるためのターンキーのモバイルおよびタブレット対応ソフトウェアを販売しています。他の企業は、「物販サービス」を提供しています。 ミステリーショッパーサービス、そして店舗を監査するために契約に基づいた個人を派遣します。

違いは次のとおりです。

内部で実行

監査を行うためのリソースがある場合、品質を管理したい場合、および/または店舗運営などのコアコンピテンシーを外部委託したくない場合は、監査を社内で実施する必要があります。

アウトソーシング実行

社内にリソースが不足しており、アウトソーシングされたサービスの品質と信頼性に懸念がない場合は、外部 (アウトソーシング) で監査を実施する必要があります。

ストア実行のベスト プラクティス

ストアの実行は、10 のコア原則に焦点を当てることで実現できます。

  1. 明瞭さ
  2. 環境
  3. 図
  4. アクセス
  5. 参加
  6. 行動計画
  7. 継続的な学習
  8. 人とツール
  9. 高い期待
  10. 反復

それぞれの説明については、を参照してください。 店内での実行を改善する 10 の方法.

すべてのサイトで時間どおりに完全に実行しない限り、まったく実行されません。

小売監査の決定版ガイド

最後に、監査について詳しく知りたい場合は、 小売監査の包括的なガイド はマルチユニット小売業者向けです。このガイドは、レストラン、コンビニエンス ストア、薬局、スパ、クリニック、電気通信、アルコール小売業者などの業界の小売業者を対象としています。同様に、このガイドは、駐車場運営者、および消費財の製造業者または販売業者に役立ちます。

店舗でデータを収集または検証する必要がある場合は、小売監査に関するこの決定的なガイドが最適です。

その他の小売実行リソース

参照する å°å£²å®Ÿè¡Œéƒ¨é–€ ãƒ–ランド基準とプログラムの小売およびホスピタリティの実行に関するハウツーとベストプラクティスについて。

その他の小売タスク管理リソース

を参照してください。 å°å£²ã‚¿ã‚¹ã‚¯ç®¡ç†ã‚«ãƒ†ã‚´ãƒª å°å£²ãŠã‚ˆã³ãƒ›ã‚¹ãƒ”タリティ タスク管理のハウツーとベスト プラクティスについては、

コメントを残す